[2006年5月29日]

『アフリカン・フェスタ2006』が開催されました

日本とアフリカの相互理解・交流を促進し、アフリカへの親近感を醸成することを目的におこなわれた「アフリカン・フェスタ2006」は、5月20日(土)・21日(日)の両日、東京・日比谷公園にて大盛況のうちに終了しました。
心配された空模様も、土曜日の終了1時間前にケニアのスコールのような大雨にみまわれたものの、前後は絶好のお天気に恵まれました。日比谷公園は33ヶ国の駐日アフリカ大使館コーナー、40ものNGOコーナー、そして24ヶ国のアフリカ大使館と8店のアフリカン・レストランが日替わりで出展したアフリカン・フードコーナーと、今まで以上に盛り上がったフェスタとなりました。

ケニア大使館のブースも大盛況でした。カンガ、サイザルバッグ、木彫りの動物人形、アクセサリーなどのケニア雑貨、世界最大級の輸出を誇るケニアの上質な紅茶、コーヒー、カシューナッツなどが販売されました。また、土曜日にはダグラス・ワキウリ氏(ソウルオリンピックマラソン銀メダル他数々の大会で優勝)のブース前でのパフォーマンスもあり、目の前に突然現れたメダリストにお客様も大興奮。ワキウリ氏のCDも販売され、サインや写真に快く応じていました。
翌日日曜日にはケニア大使館のフードブースもオープン。無農薬ケニア紅茶と大使館コックさんの作ったサモサは大人気でした。あまりの人気でサモサは午後1時過ぎには完売してしまいました。食べられなかった方、ごめんなさい。
暑い熱気に包まれたアフリカそのものの雰囲気の2日間でした。ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

土曜日の午前中、開催前の準備で大忙し

ケニア大使館ブース前で、ワキウリ氏のパフォーマンス

ケニア大使ご夫妻もアフリカン・フェスタを楽しまれました

2日目の日曜日はケニア大使館フードブースもオープン

大好評だったサモサはあっという間に売り切れてしまいました

メインステージでのワキウリ氏ライブも盛り上がりました

カンガやサイザルバッグ、アクセサリーなどは注目の的

フードブースでも楽しめたケニアのおいしい紅茶も大人気

ケニア大使館ブース前は、人、人、人!!!

関連ウェブサイト [協力]
東京紙パルプ交易株式会社「紙人/かみんちゅう」
サンナップ株式会社

▲このページのトップへ